「在宅ワーク」について考える

どうも、黒です。

本日は「在宅ワークで」についての記事です。
双極性障害の”うつ症状”のおかげで3回ほど失業した私は、サラリーマンとして働くことを諦めました。
そこで、私が「続けられる仕事」というものを考えたときに思いあたったのが「在宅ワーク」でした。

在宅ワークとは

以前、3度目の失業から考える働き方 で少しお話したんですが、現在は在宅ワークを模索中です。

そもそも在宅ワークってなんだよ?

どうやら、ひと昔前に「内職」と呼ばれていたものが、なぜか現在は「在宅ワーク」と呼ばれるようになったようです。

・・・一緒だろ?
在宅で仕事をする・・・一緒だろ?

どうでもいいですね。

ところで、私のように突然、

「在宅ワークするんだぁっ!」

といって始める人は、ほとんどいないと思います。
ただ、そういった方がいらしたときに参考になればと思います。
こんな記事でも役に立てば幸いです。

私が見聞きした範囲でどのようなものがあるか、どのような仕事が良さそうか考えてみました。
定職に就くことが難しい私にとって、「向いている仕事」と「向いていない仕事」についても考えてみたいと思います。

選択肢にあがったのは、

① 株式投資

② アフィリエイト

③ クラウドソーシング

この3つです。

次回から、これらの仕事を細かく見ていきたいと思います。

ここまで、ありがとうございました。

→ 次の記事「在宅ワークの選択肢-①株式投資」

→ 「双極性障害で働く」の目次ページへ

関連記事

2 thoughts on “「在宅ワーク」について考える

  1. ごんたママ

    こんにちは!
    ごんたママです。
    私は現在「在宅ワーク」してます。(ブログの記事を書く)
    子育て、親の介護などでまとまった時間がとれないので、隙間時間でできる仕事が助かってます。

    返信
    1. 投稿作成者

      ごんたママ様

      どうも! 黒です。
      リピートのご訪問、感激です。ありがとうございます!

      ごんたママ様も在宅ワーカーだったのですね。
      子育てに親御さんの介護をしながら、合間で在宅ワーク・・・
      かなりの強者とお見受けいたしました。在宅ワークの先輩として尊敬いたします。

      大分、お忙しくされていらっしゃるようですので、本当にお体には気を付けてくださいね。
      それで、もし、時間と心に余裕があって気が向いたときに、このブログで少しでも笑ってくだされば幸いです。

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください