在宅ワークの選択肢 ③ クラウドソーシング

どうも、黒です。

自分で記事を分割しておいて、なんですが、この作業に飽きてきました。驚くことに、記事を書くより時間がかかるんですよ? リンクも全部見直しだし。まあ、長文を書いた私が悪いんですけどね。

では、本題です。新しい選択肢を探してきました。

選択肢 その③ クラウドソーシング

「クラウド、ソーシング」

ふふふ、新単語ですよ?(私にとっては)

「雲にソースをぶっかけている(進行形)」

という意味です。

嘘です。ソースかけてんの雲じゃねーし。

「crowd(群衆)sourcing」と書くそうです。これで、

「群衆にソースをぶっかけている(進行形)」

という意味になります。貴重なお仕事です。これで稼げるのであれば、今すぐに手を挙げます!

嘘です。

「crowd(群衆)sourcing(調達)」ですね! つまり、

「群衆を調達」

って意味です! 遂に地球に宇宙人が襲来です! さよなら、地球・・・。

嘘です!

すみません、いい加減に進めますね。

「crowd(群衆)sourcing(外部からの調達)」

これは間違いなさそうです。したがって、

「群衆外部調達」

ですか。これでは意味が分かりませんな。「crowd」を形容詞的に使ってみますか?「crowd」には形容詞がありませんがね。すると、

「群衆の外部調達」

ん~、まだカタイ日本語ですね。もう少し砕いちゃいましょう。

「群衆を用いた外部調達」

これで良しとしてくださいな。あ、これは私が勝手に解釈したものですから、ちゃんと知ってるかたにお話したら笑われるかもしれませんので、ご注意くださいね。

で、これは何かと申し上げますと、・・・!!

あかん! もう3,000字や! 皆さん飽き飽きしてきたところですねっ!? あれー、予定と大分違うなぁ、正直、クラウドソーシングは初めて1週間だったんで、ネタ切れしないか心配だったんですが、まさかのページ不足です。

嘘です。後から分割して編集してるんで900字ほどです。

かなり区切りは良くなったはずです。読みやすくなりましたか? そもそも、リピートの方じゃないと分かりませんよね・・・。

次回以降、クラウドソーシングのシリーズへ突入です。

いえ、すみません。大した事は書いてません。

ここまで、ありがとうございました。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

⇒ 次の記事 驚きです。クラウドソーシング-Crowd sourcing の実情

⇐ 前の記事 在宅ワークの選択肢 ② アフィリエイト

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください