在宅ワークの初年度を振り返って

どうも、黒です。

2ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。
かろうじて生きてます。
躁鬱の症状に加えて慢性的な風邪、追い打ちのようなクラウドの仕事。
「体調不良 → 納期遅延 → 無理に仕事をする → 体調不良」
素晴らしき悪循環に見舞われ、ブログ更新にはいたりませんでした。
今も鬱気味。
風邪も貰っちゃってます。

私が完全在宅ワークを始めて1年が過ぎようとしています。
勝手に私の年度末を6月にしようかと思ってます。

まだ短い人生の中でも、もっとも長く感じられ、もっとも苦しい1年でした。
大学卒業後、機械屋、設備屋、サッシ屋と3社をクビになり、サラリーマンを諦めて在宅ワークの道を選んだのが去年の6月。
あらゆる意味で想像以上に厳しい生活でした。
今だから言えることですが、体調を崩しながらサラリーマンをやっていた方が楽だったと思います。

それでも、私はこれかも懲りずに在宅ワークで生きて行こうと考えています。
理由は2つ。

  • サラリーマンを一生続けていくのは、俺には無理だあ。
  • 在宅ワークには収入の上限がない(はずだ)、ぼろ儲けできる(はずだ)。

どうやら一生は長いらしいので、長く続けられて、ぼろ儲けできる仕事の基礎をこの数年で築いておきたいのです。

え? 考えが横しまですか?

今さらです。

とにかく、この1年間は「基礎の基礎」となる期間となるので(そうなるはずだ)、これを振り返ってみたいと思います。
内容は在宅ワークの具体的な反省と目標、感想です。
私の備忘録としての役割が大きい投稿ではありますが、もし興味があればご覧ください。

え? 興味ない?

・・・ウソこけ。

在宅ワークの3本柱

無理やり茜さやちゃんを使います。

  • クラウドソーシング
  • 株式デイトレード
  • アフィリエイト

これが私の在宅ワークの3本柱です。
この1年で気付いたことは1つ。
どれもこれも1年程度で成果が上げられるものではないということです。
少なくとも私には無理でした。

では、そのダメッぷりを1つずつ晒していきましょう。

クラウドソーシング(クラウドワークス)の報酬

現在、私の収入の要になっているのがクラウドソーシングです。
クラウドソーシングなんて言ってはいますが、クラウドワークスしか利用していません。
理由は、

  • 案件数が多い
    おそらく国内では最大。
    私は仕事がなくて困ったことはありません。
  • 単価が良い
    私が知る限りでは他のサービスよりはマシ。
  • クラウドソーシングの実績を集中させるため
    複数のサービスを利用すると当然ながら実績も分散します。
    見掛け倒しですが、実績は1つに集中させた方がプロフィールは見栄えすると思います。
    もし私がクライアントで、同じようなプロフィールのワーカーが応募してきたら、実績の多いワーカーを選びます。
    事実、応募が殺到する案件では実績豊富なワーカーが受注しているケースを目撃しております。

クラウドワークス【報酬月額5万円の壁】

残念ながら、現在は平均して月5万円を稼ぐのがやっとです。
さらに、ここから振込手数料・インターネット接続料・プリンターインク費用などの経費を差し引けば、とてもハッピーな金額に。

こんなに金を稼ぐのに苦労した記憶はありません。
年収はサラリーマンの頃の 1/10 に迫る勢いです。
高校生のアルバイトに負けてしまいそうです。
いや、負けてるな。

なかなか報酬が5万円を超えないのです。

勝手に「月5万円の壁」と名付けましょう

私だけですか? 完全在宅でこんなに稼げないのは。

ところが、時間単価はそこまで安くありません。

ライティング。
文字単価1円で1万字(報酬1万円)の記事を受注したとしましょう。

単純に1時間で1千文字を書けば時給1,000円です。
無理だけど。
クラウドワークスに手数料を2割ふんだくられても時給800円。
んー、まあ、労基法の最低賃金はスルーで。

データ入力。
1件30円で4千件(報酬12万円)の仕事を請けたとしましょう。

1時間で40件こなせば時給1,200円。
体調が良ければ1時間で60件、時給1,800円も可能です。
CWさんが2割お召し上がりになっても、時給960~1,440円です。
こちらは労基法クリア。

そこまで劣悪な時間単価じゃないんですよね。

で、俺の月給がなんで5万円なんだよ? ふざんけんな

単純に月の実働時間が短いんです。
時給800円で月5万円であれば、
50,000円÷800円/時 = 62.5時間 です。

およ?
月の実働日数を20日にしてみると(休み過ぎか?)、
62.5時間÷20日 ≒ 3時間/日

よよ?
俺、1日に3時間しか働いてないの?

いえいえ、さすがにもっと働いてます。
が、実際、私は時給800円を超えるパフォーマンスは維持できていません。
体調の波があるせいです。
躁鬱による集中力と意欲の低下があるので、時給800円は無理です。

ライティングでは、
「あれ? なんの記事だっけ? どこ書いてたっけ?」

データ入力であれば、
「あれ? テンキーが1列ズレて入力されてんですけど?」

ははは、まあ、私には時給800円は無理です。

それにしても実働時間が短い。
この理由は後でお話します。

目標は時間単価のアップでございます

実働時間を増やすことも大切なのですが、ここではとにかく時間単価のアップを狙います。
報酬を増やすもっとも単純な方法です。

私の目標はライティングであれば1文字1円以上、データ入力であれば時給1,400円以上を狙いたいところです。
それには、高額で募集されている案件に応募するのは当然ですが、スカウトを利用していきたいと思います。

私の実績が20件を超えたあたりから、ライティングのスカウトが来るようになりました。
大した実績ではありませんが、それでもクライアントは実績を見ているようです。
そりゃそうだ。
他にワーカーを評価する材料がないからね。

それでなおかつ、継続的な案件を紹介してくれるクライアントも出てきます。
仕事が途切れにくくなり、ボリュームも安定してきます。
(もっとも、仕事が重なってヤラレそうになることも多いのだが。)

で、嫌らしい言い方ですが、そのようなクライアントが増えると、
クライアントを選べるようになります。
より単価が良く、やりやすく効率の良い仕事が選べる。

もっと言えば、
値段交渉ができるようになる。

ええ、実に厚かましく、私らしい。
以下のように交渉してみます。

クラ「じゃあ、○○円でお願いします。」

私「んー、おいちゃんねー、今忙しいんだー。△△円ならやったげるよー?」

クラ「じゃあ結構です。」

私「あっ、待って、待ってください。○○円でやらせてください。」

こんな具合です。

ウソです。

上記のように失敗する場合もありますが、本当にクライアントが私の仕事を必要としている場合、相場金額の範囲内であれば交渉に応じてくれます。

え? 交渉に失敗したらその後は仕事が来なくなる?
嫌われちゃう?
仕事しづらくなっちゃう?

それで、いいんです。
納得がいかない金額で働いていたら効率が悪いしモチベーションも下がります。
結果的にはそのクライアントにとっても損かもしれません。
それに、他のクライアントが次の案件を用意して待っていてくれているかもしれません。

まあ、そんなに何回も金額交渉に成功した訳ではないんですが、こうして報酬を増やしていきたいなと。

【クラウドワークス】来年度の目標は月10万円。

大丈夫です。
達成できなくても誰にも責められることはありません。

妻以外には。

ところで、クラウドワークス、いかがですか?
一緒に苦しみましょうよ?
もっとも、私のようなワーカーはいないんでしょうけれど。
リンク、貼っておきます。↓

ちなみに、会員登録しなくても募集案件は見れたと思います。

株式デイトレードの損益

それはそれはもう。
ショックでどれほど寝込んだことか。

ボッコボコです。
この1年で資金は半減しました。

マイナスどころの話ではありません。
だもんで、クールダウンのため今は休止中です。

本来であれば、先輩に死んでお詫びしたいところですが、先輩はそんなこと望んじゃいないでしょう。
先輩が私に望むのはデイトレードのパートナー(だったはずだ)。
期待に沿えるよう慎重に続けて行こうと思います。

デイトレードの目標

目標は損切りの徹底です。
私にとって永久の課題となりそうな気がしますが、これができないことには利益は上がらないでしょう。
基本的な知識や手法の見直し、勉強を重ねて精神的なリハビリが完了したら、また相場へ復讐に行く予定です。

そもそもですよ、1年目で利益を上げようという考え自体に無理があるようです。
でっかく儲けてやろうとか。
今年中に損失を取り返してやろうとか。

そんなことができるのは極一部の人なのでしょう。
なぜか私は自分が特別な人間だと勘違いしてたんですね。

ええ、私はモブでした。
モブ。
そう、モブなんです。
モブ。

モブなりに行きます。
今年度中の目標は元の資産の1割を回復すること。

アフィリエイト報酬

私が運営しているブログはこの『黒のブログ』だけです。

はい、グーグルアドセンスは導入しているものの、他にはアフィリエイトリンクがほとんど見当たりません。
もし気になる方は、ぜひ見つけて踏んでください。

アフィリエイトはできていないと言っても過言ではありませんね。
収益ですか?

サーバーとドメインの費用くらいの収益はありましたよ?

ありがとうございます。
これでブログが存続できます。

目標はアフィリエイトをねじ込める「DIY」と「節約」のカテゴリーを充実させることですね。
これらのカテゴリーは実際に自分で実行してからじゃないと記事が書けないので、時間と折り合いをつけるのが難しいところです。
現在の目標は無理しない。
体調が良く、他の仕事が立て込んでいないときの作業とする予定です。

双極性障害の黒が在宅ワークで働くということ

まとめです。
まとめの方が長文です。

病気のせいだけにすることはできませんが、私が在宅ワークを選んだ理由の根本には双極性障害というものがあります。
そこで、在宅ワークと双極性障害というものを改めて見つめ直してみたいと思います。

収入が安定しなければ精神的にも不安定になる

これが一番つらかったことです。
私はほぼなんの準備や経験もなく在宅ワークを始めました。
こともあろうにサラリーマンの頃と同じくらいの収入を得ようと思いながら。

クラウドワークスの項目でもお話しましたが、今の収入はまったく家族を養えるレベルではありません。
自分一人の食い扶持を稼げているかどうかも怪しいもんです。

以前、妻は専業主婦でしたが、私がこんな状態に陥ってからパートに出るようになりました。
これは応えました。

「収入=社会的地位」

こう考えている人は少なくないと思います。
私もその一人です。
もちろん収入があればいいというものではないでしょうけれど、これは真実だと思います。

在宅になる前まで、私は1人で家族7人を養ってきました。
それがですよ。
養うどころか、いきなり養われの身に。

もう私の価値観は崩壊です。
もともと崩れていたという噂もありますが、自分の存在意義というか、価値というか、社会的地位というか。
そのようなものをすっかり見失いました。

自身も喪失。
もともと理由もなく自信満々でしたからね。

もちろん、抑うつ状態に突入でございます

焦燥感、絶望感、脱力感。
何日もベッドに潜り込んでみたり、かと思いきや、壁に穴をあけてみたり、夢遊病になったり。

そして、しまいにはあれです。
十八番の、

「消えてなくなりたい。おー星さーまーキーラキラー♬」

お手上げです。

他人の目も気になりました

親戚や知人など、事情を知らない人間からすれば、
「家に閉じこもり働かない奴」
子ども達からすれば、
「常に家にいて家事くらいしかしていない父親」
そんなふうに思われているのではないかとか。
いや、事実なんですけどね。

初めは収入が安定しないので、出たとこ勝負は危険よ?

私に関しては在宅を始める前の準備と蓄えが足りなかったということですね。
結局、双極性障害の症状をすっかり悪化させたと言えます。

ふふふ、私のようなモブには出たとこ勝負は危険よ?
初めはいくら稼げるか、まったく分からないのよ?

家族を巻き込んだことについては反省してます。
でも、まあ、仕方なかったんだよ。
俺には他の方法が思いつかなかったんだよ。

「双極性障害と在宅ワーク」実はあまり相性が良くないと思う

「在宅ワークは精神疾患の患者に向いている」という言葉をよく耳にしました。
私も在宅を始める前には鵜吞みにしていました。
が、今は逆だと考えています。
双極性障害についてはなおさらではないかと。

そもそも、
「双極性障害に限らず、精神疾患の治療には生活のリズムを整えることが大切だ」
と言われています。
その通りだと思います。

続いて、

「在宅ワークなら好きなときに自分のペースで仕事ができる」

と言われています。

ウソだと思いまーす。

そんな仕事、滅多にないよ。

仕事には相手(クライアント)がいて、納期があります。
納期が守れなければ収入にはつながりません。
クライアントからの信用も得られません。
評価が下がれば仕事も受注できなくなります。
申し上げましたが、これは申し上げるまでもない常識です。

では、余裕を持って納期を決めるとしましょう。
受注の時、大抵のクライアントは納期について相談に乗ってくれます。
しかし、私は双極性障害。
いつ抑うつ症状を勃発して戦闘不能になるか分かりません。
いや、鬱になりました。

あー、仕事になんねー。
マジで間に合わねー。

「フリーランス」、この言葉が生きるのはピンチの時だけだ

もし、私が会社員であれば、他の社員が穴埋めしてくれるかもしれません。
しかし、私はフリーランス。
都合の悪いときだけ、このカッコイイ言葉が響きます。
ええ、代わりなぞおりませぬ。

納期死守。
文字通り命がけ。

結果、症状はさらに悪化。
次の仕事なぞ受けられませぬ。

すっぽかしても構いませぬ。
でも、次の仕事はないよ。
そのクライアントだけじゃないよ。
プロフィールにバッチリ評価が残るもん。

一度これを経験してしまうと、長期の大型案件を受注しようとしたときにフラッシュバックします。

やべ、これ受注しても大丈夫か?
やり切れるか?
シンドイ目に遭わないか?

もはやトラウマ。
納期と闘うのは会社員でも在宅でも同じでございます。

ぼ、ぼぼ僕は、性格的にも、むぃ、向いてないと思うんだなっ

私も頭を丸めれば、絵が少しは上手になるでしょうか?
すみません、本題とはまったく関係ないです。

双極性障害になりやすい人の性格という面でも相性が悪い気がします。
「在宅ワークは好きな時にできる」=「好きな時刻に仕事ができる」
これは正しいです。

ええ、夜中でも、朝方でも、お好きな時に。
日が昇っている時に仕事をする必要はありません。

しかし、私が聞いた話では、双極性障害の患者は夜型の傾向が強いそうですよ?
ちなみに私はガキの頃から夜型。

双極性障害の患者は根を詰めて仕事をしてしまう傾向があるそうですよ?

夜型で粘り強い人が、
「好きな時刻に仕事していいよ」
って言われたら、ほぼほぼ夜型なんて脱出できませんよ。
むしろ回りまわって超夜方になっちゃいますよ?

療養のために生活のリズム整えろって言われてんのに、昼夜逆転はダメでしょ。
私は精神科医・白先生に、
「夜勤はダメ。ゼッタイ。」

って言われてます。
ちなみに白先生はよく白目をむくジイチャンです。

ははは。
え? 私? 私は超夜型です。
夜型になっちまったら、また日が暮れるまで起きてりゃいいんです。

そんなんで、「双極性障害は在宅ワークに向いてない」と、私は思いまーす。

実働時間を長くして収入を増やしたい

今回はかなり長いですね。
飽きちゃいました?
もう少しだから我慢なさい。

これもクラウドワークスの項目でお話したことですが、私の1日の実働時間はたった3時間足らずでした。
なんと情けない。
これを改善するため、生活時間を見直してみたいと思います。

黒の生態系

生態系というか、時間割ですね。
小学生の『夏休みの過ごし方』みたいですね。

え? 図が小さい?
我慢なさい。
なんとなく見えればいいから。

色分けしてます。
青:睡眠・休憩
黄:家事・食事
灰:仕事

仕事の実働時間は9時間。
一般的な会社員と同じくらいでしょうか?
ちなみにDIYは仕事です。
趣味ではなくなりました。

で、この図はウソです。
これは私が「フラット~軽躁状態」の時間割です。
この状態で過ごせるのは月の半分もないでしょう。

ザックリ言うと、
1月に1週間ほどは重い抑うつ状態で、この時は実働0時間。
図は全て青色に染まります。
家事もできません。

そして、1月の半分以上を「フラット~抑うつ状態」で過ごします。
デイトレードの時間を除いた灰色の部分が半分以下になり、実働は2~3時間まで落ち込みます。

土日などの休日は地区の行事、子ども達の行事やら子守やらでほぼ実働0時間。

それから、土日はちょっとだけ休ませてください。

結果、1日の平均実働時間は3時間に。
残念です。

これを改善したいのですが、時間割からはもう省ける時間がありません。
結局、双極性障害の症状を抑えて、波を安定させるしかないのです。

「どんぶらこっこ」を抑えに行きます

以前、双極性障害の体力と気力の波でポテンシャルが低下するようなことを書いたような。
これです。↓
「双極性障害の波が引き起こすポテンシャルの低下」
あらやだ恥ずかしい、記事の構成がグダグダ。
ブログ始めたばかりの頃ですね。

とにかく、私だけかもしれませんが、双極性障害(Ⅱ型のみか?)では軽躁状態よりも抑うつ状態で過ごす時間の方が長くなるので、その人のポテンシャルが下がると考えております。

なので、この波を安定化することで、ポテンシャルを引き上げようと考えたのです。
私に関しては、躁で上がるほど、鬱での落ちも大きくなるので躁を抑えていきます。

で、軽躁の原因は、
「動き過ぎ」

これだけでございます。

さきほどの時間割を見ると仕事は実働9時間。
しかし、それ以外にも家事に4時間ほど費やしています。
本来であれば家事は仕事の時間と考えられます。
すると、私の家事を含めた仕事に費やす時間は13時間でございます。

ちょっと長いですね。
昼寝も毎日ではありませんし。

1日の仕事時間を減らしたら、月平均の仕事時間は増えますかね?

動き過ぎを予防するためにはこの時間を減らして軽躁を軽減、症状の波を抑える。
そして、月の平均を引き上げてやる、ということになります。
つまり、
「1日の仕事時間を減らして月平均の仕事時間を増やす」
という意味不明の策を立てることになります。

ごちゃごちゃ言ってきましたが、結局、
「根を詰めるな」
「無理をするな」
それだけのことでございまーす。

まあ、これができなくて10年以上も苦しんでるんですけどね。

マジで長いすね。

まとめのまとめ

もう面倒くせえ。

「無理しない」
   ↓
「安定して働く」
   ↓
「実働時間が増える」
   ↓
「収入が増える」
   ↓
「精神的に安定」
   ↓
「病気の症状が改善」
   ↓
「デイで勝てる」

これで良し。
最後が厳しいですか?
まあまあ、目標ですから。

ここまで、ありがとうございました。

2 thoughts on “在宅ワークの初年度を振り返って

  1. ごんたママ

    黒さん、お久しぶりです!
    お身体、気を付けてくださいね。
    在宅ワークで収入がそこそこ安定すれば、体調も上向きますよね。
    さらにトレードで勝てるし。
    私も在宅ワーク初めて3年ですが、まだまだ安定の域には到達してません。
    無理しない程度で頑張りましょう。
    黒さんの文体、私はすごく好きです。
    また訪問しますね。

    返信
    1. 投稿作成者

      ごんたママさま

      どうも、黒です。
      ご無沙汰です!
      コメント、いつもありがとうございます。

      在宅ワーク3年、大先輩ですね。
      それでも安定は難しいんですかー、なおさら私は先が長そうですね(笑)。

      ブログ、気に入っていただけたようで、嬉しいです。
      体調まで気遣っていただいて、重ね重ねありがとうございます。

      ごんたママさまもお体にお気をつけて。
      お時間できたら、ぜひまたいらしてください。

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください