双極性障害の発病の原因 ③遺伝-親

どうも、黒です。

発病の原因究明シリーズも、私の中では大詰めとなりました。最終にして、一番しょうもない原因、遺伝でございます。

遺伝による脳の異常が原因だそうな

双極性障害はそもそも、脳内の異常がどうとかで、結局は脳みその病気だそうで。精神疾患なんだから、脳が原因なのは当然か。

あ、この前、偉い先生の双極性障害に関する論文を見つけました。ミトコンドリアがどうしたとか・・・。それは、また今度にでも。

よく分かりませんが、どうやら双極性障害を発病する人って、もともと遺伝で、脳内に異常をきたしている方が多いそうです。

つまり、生まれつき双極性障害を発病する可能性があるそうな。これって本人の力では、どうこうできないですよね?

これを聞いて、ムカつくのは私だけですか?

・・・・・・。

ふざけんなっ!!
こんな役に立たねー因子を遺伝させてんじゃねーよっ!!
何の得があるんだよっ!?

優性遺伝て言葉を知らねーのかっ!?(殺)

・・・はあ・・・。

そもそも遺伝て何でしたっけ?

まあ、生物学とか遺伝とか、そんなの専門家じゃないんで、いつも通り私の妄想なんですがね、聞いてくださいな。

遺伝て、確か2択だったと思うんです。1つの要素について、「優」か「劣」か。んで、基本的には高確率で「優」、低確率で「劣」が選ばれる。「劣」を残す理由は、みんな「優」で同じにしちゃうと、同じ病気とかで、みんな滅んでしまうから。

だから、そういう意味では「劣」は「劣っている」という意味ではない、とか。

で、最近、考えたんです。双極性障害を発症させる脳の異常って、「優劣」に関係するのかなー?って。じゃ、その異常は「優」と「劣」のどっちかな?

でも、「異常」なんだから、「劣」かな? 「劣」なら遺伝する確率が低いですよね? 遺伝する確率が低ければ、世代を経る度に、脳内に異常を抱えた人は減りますよね?

・・・あれ?
双極性障害の人って、減ってるんですかね・・・?

いや、そもそも私が思うに、この脳の異常と、遺伝の優劣は関係がないのでは? だって、「異常」は優劣ではないですよね? ・・・脳の異常は100%遺伝しているのでは・・・?

いや、それはダメでしょー。
こんな、しょうもない異常を100%遺伝なんてー。
マジで要らないんですけどー。
淘汰していただきたいんですけどー。

マジで、ふざけんなっ!!(殺)

(それにしても、最近は段田ブタばっかだな。)

いや、消極的な考え方はやめましょう。きっと、劣性の遺伝ですよ。淘汰されますよ。そう思わなきゃやってられません。

いずれにしても、偉い先生方の見解は、遺伝子の異常である以上、遺伝する可能性が高いとのことです。じゃあ、私は誰から遺伝したのでしょう?

黒の双極性障害は誰の遺伝でしょう?

ふふふ、もう目星はついてるんですよ。そう、双極性障害の発病の原因 ②環境 でお話した、クズ野郎、そう、私の父親です。
コイツ、絶対に黒ですよ。

あ、「黒」って、私じゃありませんよ? あれですよ、刑事とかがよく使うらしい「かなり疑わしいヤツ」って方です。「疑わしいヤツ=クロ」で行きましょう。

あのクズ野郎、かなりの激情家だったんですよ。祖父母と不仲だったアイツは、ちゃぶ台返しは当たり前にこなし、テーブルにかかと落とし。不仲の親類との電話中に、壁にパンチで穴を明けるなど、中々の爆発ぶりを見せていました。仕事では上司を殴ってクビになったとかも聞いてます。後は、前回にお話した通り、ギャンブルで散財ですね。

Ⅰ型か?

あれ? Ⅰ型とⅡ型って別の病気のようなもので、遺伝とか関係ないようなことを聞いた気がするんですがね? まだまだ勉強が必要そうです。

それから、今思えば、なんですが、稀にふさぎ込んでいる時期がありましたね。口を利かないとか。

クロだべぇ?

ちなみに、このスーパークズ野郎は、私が14才の時に母と離婚し、家を追い出されました。以後、音信不通です。

次、母親。
コヤツもクロです。
最近になって、私の双極性障害の遺伝調査中に発覚しました。今更になって白状しやがりました。

「私の家系は精神疾患の人が多かった。」

バ〇ア、そんな大事なことを、精神疾患だなんだと20年以上騒いでる俺に話さなかったのか?

と、言うわけで、私ら3兄弟は、晴れて精神疾患と疑われる両家の集大成となりました。

ふふふ、次は私の兄弟が気になりますよね? 気にしてくださいな?

ここまで、ありがとうございました。

⇒ 次の記事 発病の原因 ③遺伝-兄弟

⇐ 前の記事 発病の原因 ②環境

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください