恐ろしいクラウドソーシング。結局は続けるしかない

どうも、黒です。

またまた前回の続きです。ええ、1記事が長いってご指摘いただいたんで、記事の分割をしてます。いえいえ、ありがたいことです。サイト内で気になることがあったら、是非お気軽にコメントください。決してページ数を増やしてアクセスを稼ごうだなんて下心は、あります。あ、いえ、ありません。

じゃ、クラウドソーシングの全貌を明かしたところで、まとめです。

えへへー、詳しくなったでしょ?

もう、お気付きですよね。

ええ、この2週間でほぼ全ての洗礼を受けました。冒頭で申し上げた通り、ハメ倒されてました。

訳の分かんねえ募集文を出してる奴、

訳の分かんねえ仕事を募集してる奴、

条件交渉の段階で納品しろと言ってくる奴、

契約の間際に条件を後出しする奴、

チャットワークに連れ込んでデータのやりとりさせようとする奴、

支払いのために銀行口座を用意しろと言う奴(コイツは通報してやった)、

成果物の承認しねえ奴、

対応が悪い癖に低評価よこす奴、

あまりに酷い奴が多かったですね。

ええ、いつになく語調が強いですね。
ええ、さすがに温厚な私も、キレそうです。

いやいや、よく温厚って言われますよ?

上司の胸ぐらつかんだことなんて無いです。

優良なクライアントの仕事は受注が難しい

もちろん、優良なクライアントもいらっしゃいます。ただ、そういうクライアントの仕事って、受注できないんですよ。ベテランのワーカーさんは、優良なクライアントの仕事に集まるんです。すると、競争率が高い上に、実績が豊富なワーカーばかり集まって、新参者は受注できなくなるんです。

結局、私のような受注できない人間は、お話したような酷い目に遭います。余程の特殊なスキルか、実務としての経験がないと、新参者はまともな仕事を取れないんですね。格差は広がるばかり、なんとかならんものか。

クラウドソーシング、結局は続けていきます

冒頭で申し上げた通り、クラウドソーシングを否定はしません。収入につながっているのは事実なので。クライアントや仕事をよく選んで、少しずつ実績を積みたいと思います。私のような憂き目に遭っても、そのことを質問板などで取り上げて、闘っていらっしゃるワーカーさんがいらっしゃいました。応援したいですね。

ん~、今回も長いですね。4,000字か・・・。

嘘ですね。

後から編集してるんで、1,000字ほどです。

同じスピードでライティングの仕事もできればいいんですけどねえ。無理ですわ。ジャンルが専門的すぎて。

疲れました。
飯食って寝ます。

ここまで、ありがとうございました。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

⇐ 前の記事へ 驚きです。恐ろしいクラウドソーシング。応募から完了までの注意点

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください