株式投資 ファンダメンタルズとは

どうも、黒です。

昨日の深夜のことなんですがね。なんだか、玄関で「カサカサ」音がするんですよ。うわ~、とか思いながら調査開始。ウチの獣どもが飼っているカブトムシか、クワガタがまた脱走したのか。その割には音に力を感じます。

ビクビクしながら、音がする靴箱の裏をライトで照らしました。するとっ!
キシャァーッ!!

間違えました。こんなのは飼ってません。

ザリガニだったんです。ザリガニも飼ってるんですが、先日、一度脱走していたので警戒して、考えられるところは塞いでおいたんです。貴様! どうやって外に出たんだ!? フィルター用ポンプの周りに小さな穴がありました。ここだな。しかも、こいつ、発見時に靴箱を登ってたんですよ? どう思いますぅ?

本題に、入りましょうか・・・。

前回のお話、覚えていらっしゃいますか? ⇒ バリュー株投資

勉強して銘柄を選んでバリュー株を買いましたが、あの後、結局1株980円まで下げたので、買い値の98%になったら損切と決めていたので売りました。損切とは「損を切る」という意味です。まんまですね。

すみません、ちゃんと書きます。単純に、株価が買った価格より下がり続けると、どんどん損が大きくなります。ですので、あらかじめ決めておいた価格で早めに売るという感じです。株価が上がると踏んで買ったのに、下がってしまったので売る。要するに予想を外しただけですね。

だけ、だと?

って、思いました?(笑) 前回あれだけ調べて、自信満々でバリュー株を仕込んだとか抜かしといて、

「予想を外しただけ。」

そんなこと言ったって、しょーがないじゃないか。いや~、エラくおっさんだとか思ってたら同い年だったりして。まあ、エ〇リはどうでもいいです。

上がるか下がるか、確率は所詮1/2ですじゃ。プロですら命中率は6割ほどらしいですよ? 結果的に、この株は私が売った日の内に、970円まで下がり、今でもそのままです。早めに売る、損切して良かったとなります。

え? 確率1/2で損切してたら、利益が上がらない?

おっしゃる通りですが、待ってください。確率1/2で株価が上がったとき、どのくらい上で売れるかが鍵となります。単純に、株価が確率1/2で上下するとしましょう。2%下がったら損切で売る。3%上がったら売る。いかがですか? 本来の確率の考え方ではありませんが、だいたいにして2回の売買をすれば1%の利益が出ます。

え? たった1%?

いやいや、銀行の定期預金の年利が1%を割ってるご時世に1%ってすごくないですか? あ、では具体例を出してみましょう。

デイトレーダーのかたが、元手50万円で毎日フルに資金を回転させて、1%の利益を上げられたとします。1年間の市場の営業日は何日か分かりませんが200日くらいに想定しておきましょう。すると、

デイトレーディングの年利=1.01^200=7.31 ・・・!? はあっ!?

すみません、私が動揺しております。なんてったって、初めて計算してみたんですから。さすがに、毎日1%を勝ち続ける強者は日本にそうはいないとは思いますが、7.31って、7.31倍ですよっ!? 1年間で資産が7.3倍ですよっ! 元手50万円が約365万円になります。すげぇ。ちなみに、もうちょっと計算してみましょうか。

取引日数(売買)   計算式    増加率  私の勝手な分類
10日間  1.01^ 10 =1.10 ⇒ 10%増  中期くらいかな?
20日間  1.01^ 20 =1.22 ⇒ 22%増  スイング長期
30日間  1.01^ 30 =1.35 ⇒ 35%増  スイング中期
50日間  1.01^ 50 =1.64 ⇒ 64%増  スイング中期
100日間 1.01^100 =2.70 ⇒ 170%増  スイング短期
200日間 1.01^200 =7.31 ⇒ 631%増  皆勤デイトレード

すげえ。理屈抜きで、すげえ。数字上では、デイトレードで50万円を元手に、1年後には365万円を手に入れることも可能なんですね。初めて知りました(笑)。食っていけるね。

ただ、常に利益を上げるのは非常に難しいようです。上は飽くまで理想の数字ですから、鵜呑みにしてはいけません。それと、間違っても、私は株式を斡旋するものではありません。常套語ですが、『投資は自己責任で』お願いいたします。

在宅の仕事として、株式で生計を立てられる可能性はありますよね。

いやいや、申し訳ありません。で、結局のところ、バリュー株での初の取引は負けたわけなんです。しかしその後、日本株の動きが横這いで上下のどちらに振れるか分からないことと、そろそろ第1四半期の決算短信を発表する企業が多くなるので、逆に中長期で株を持っているのは少々リスクが高いと思われます。

そこで今週はデイトレードをしていたんですが、なんと3日連続で1日あたり総資産の2%ほどの収益が上がったのです。これは、もはや事件です。私はこの3日間で一生分の運を使い果たしたかもしれません。

ここからが主旨です。ファンダメンタルズとは、株式の指標などの基本的な条件をいうようです。今回の取引は、運だけでもなかったのかもしれません。バリュー株投資にあたって、これを勉強していたことで、割安株や成長株の見極めがいくらかできるようになっていたのです。多分。

そこで、決算短信が出ていて、そこまで悪くない業績予想にも関わらず、暴落している銘柄を見つけました。業績と短信を比較してしみて、ここまで下げなくてもいいんじゃないかと思いIN! あれあれ? 何と、私が買った途端、急上昇! こんなの初めて。ゴチになりました。

で、3日間この調子でした。当然、負けた銘柄もありますが、早めに損切、上手くいきました。運が良かっただけかもしれませんが、勉強した甲斐もありましたかね? ちょっとだけ自信つけてもいいよね?

え? ダメ?

えー、やだ。

そうですね。この世界も生活を立てられるかたは10人に1人と聞きます。今は生活を立てるまでいかなくても、いずれそうなれるように努力していきます。

でも、デイトレードは疲れます。実際、今回の取引でもう5秒早ければ・・・と言う場面がありました。次はその辺が課題ですね。決算短信がだいたい出尽くすのは来週あたりだと思われるので、それまではデイトレード、そこからまた、バリュー株をいじりたいと思います。

ここまで、ありがとうございました。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

⇐ 前の記事 バリュー株投資

2 thoughts on “株式投資 ファンダメンタルズとは

  1. ごんたママ

    はじめまして!
    ごんたママです。
    「1%」の上下ってすごいことなんですね。
    あらためて思いました。
    私も精神的に病んだ時期がありますが、日常生活を送れるくらいには何とか復活してます。
    お身体に気を付けて頑張ってくださいね!

    返信
    1. 投稿作成者

      ごんたママ様

      はじめまして。黒です。
      コメント、ありがとうございます。

      日常生活を送れる、素晴らしいことですね。

      難しいですが、毎日1%の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。

      ごんたママ様も、お身体に気をつけてくださいね!

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください