株式の初日

どうも、黒です。

今日は株式の再出発の日でした。成果ですか? 上の画像のまんまです。
[ フリー素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com) ]
[モデル:河村友歌]さんでした。美人ですね。
成果報告は以上です。

嘘です。

いえ、本当に例の友人に申し訳ないです。経緯と理由はは前回の記事にて
株式の再出発

「今日から、また株やりますんでっ!」
なんて張り切っといて、チーン、て感じです。

真面目に書きますね。いえいえ、常に真面目ですよ。

今日は寄付き直後は良かったんです。寄付き(よりつき)ってのは、朝9時の取引開始のことです。株をやらない人にもブログを読んでいただきたいんで、初心者ながら言葉の説明をしていきますね。

銘柄ってのは株式の名前らしいですが、私は会社名とほぼ同じ意味だと勝手に思っています。銘柄にはよくある(株)って商号はつけません。今、気づいたんですが当然ですよね、みんな株式で成り立ってる株式会社なんですから、付ける必要ないよね? 銘柄には名前以外にコード(数字4桁)もついていて、それで銘柄を識別したり検索したりします。割と似た名前の銘柄って多いんですよね。

それで今回、私は朝一にある銘柄の株を 139円 で 1,000株 買いました。つまり、総額 139,000円 を支払って買いました。そして、15分後に 144円 で 1,000株 売りました。総額 144,000円 で売ったことになります。これは! 私は15分で 5,000円 も稼いだことになるではありませんか!

アザーッスッ! 株式って簡単!

じゃないです、全然。切ないです。単純に言えば逆があるからです。

結局、その後、5種類ほどの銘柄に手を出し、彼らにボッコボコにされておしまいです! テヘペロ。
結局、7,000円くらいのマイナスです。

つーかよー、ここんとこ日経平均が横這いだったのに、何で俺が入った日に下がんだよっ!?(怒)

大体いつもこんな感じですね。そもそも、今日の下がる気配を見抜けなかった私の実力不足ですね。と言うのも私は、逆張りと言うやり方で売買します。その逆が順張り。

順張りから説明すると、株価が上がり始めたところで買い、さらに上がったところで売る。このやり方の方が多いそうです。逆張りは、株価が下がり切ったところで買い、反動して上がったところで売る。こちらの方が難しいと言われています。そして、これは全て例の友人(以降、先輩と呼ばせていただきます)の受け売りです。

逆張りが難しいなら、順張りでやれば?

と思われかもしれません。ごもっともです。
でも、先輩はおっしゃいました。
「我々のような不幸な環境で育った人間は、上がり調子の波にのる順張りという手法は無理です。」
「なるほど! やっぱり説得力あるなあ。・・・私たち、不幸ですよね・・・。」
まあ、ともかく、株式はメンタルや性格が結果に大きく影響するようです。そりゃそうだ、人間が売買してますからね。

それで、申し上げたかったのは、今日のような全体が下がり調子の場合、逆張りで株を買った後に、また下がってしまう可能性が高いんです。ベテランはそこですぐに見切りをつけて損が少ない内に売ります。損切と言います。私の損切は損切ではなく、ただの損・・・。
切ないです。
そもそも、朝一で大きくプラスだったので生意気なことに強気になっていたのも原因ですね。あ、もちろん私も、順張りで行けそうだと思ったら入ります。
大体ヤラレますけどね・・・。

今日の内容は、こんなもんですかね。明日からは損切をもう少し高めにして行こうかと思います。また、今の株式投資も向いていなそうならば、別の株式投資も考えていきたいと思います。今日もネタをぶち込むところが少なったですね。また落ちもおもいつきません。私は電源が落ちそうですけども。

株式の話は毎日は書けませんが、これからも更新を続けていきたいと思います。

ここまで、ありがとうございました。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

⇒ 次の記事 バリュー株投資

⇐ 前の記事 株式の再出発  

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください