バリュー株投資

どうも、黒です。

暑いっす。暑いのは割と平気なタチなんですが、さすがに最近は暑いっす。冷房かけようかとか思うんですが、なにぶん築30年の家ですんで気密性ゼロ、ましてや家内は獣が徘徊していてドアや戸は開けっ放し、冷房の意味ありません。

さて、今日はですね、なんと新しい株式の取引手法です! その名も「バリュー株投資」! あ、すみません、あたかも斬新なように言ってますが、株式やってる人のほとんどがご存知かと思います、多分。

こいつは何かと言うと、バリュー株を売買するのです!

・・・すみません、ちゃんとお話します。

バリュー株というのは、市場で割安になっている株式のことです。で、割安というのはザックリ言うと、業績が良かったり資産が多かったりする割には、株価が安い企業の株式のことです。要するにお買い得。超雑ですね。

いえ、ちゃんと勉強はしてるんですよ? PERとかPBRとか。でも、ここでお話するにはちょっとクドイかなと。眠くなりますし。いえいえ、眠くなんてなりません、そんなこと言ってたら先輩に怒られます。PERってのはですねぇ・・・ZZZ・・・ZZZ・・・

すみません。今までと何が違うかと言いますと、今まで私が取引で失敗してきたのはデイトレードやスイングで、バリュー株投資は中期から長期で取引を行います。何言ってんのかサッパリ分かりませんね。

デイトレードは基本的に、1日の内に売買を完了する方法です。朝に買って昼過ぎに売るとか、買って数分で売るとか、人や銘柄によって様々です。

スイングってのは、買った株を日をまたいで売る方法です。1週間から2週間とかもスイングの範囲になるのかな? あまり名前の分別は重要だと思っていないので、それほど意識しておりません。それなら説明するな。

デイトレードやスイングで大事になるのは、チャートの読み方です。チャートってのは株価の変動グラフです。↓こんなの。

なんで急落のチャートしか無いんだよっ!?
縁起が悪いだろーがっ!!

それで、もちろんデイトレードやスイングでも会社情報から判断するかたもいます。でもチャートは大事。それで、自慢なんですが、私はチャートを読むのが下手なんです! センスないんです! それで、先輩から教えていただいたのが、バリュー株投資です。教科書も買いました。

ジャーン、先輩に選んでいただいた本です。何から何までおんぶにだっこで(泣)。『株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書』著者:足立武志先生です。この業界では有名な方だそうで。

いいですね、私は「教科書」って言葉に弱いです。分かり易い、これ大事ね。とあるアーティストが言ってました。「分かり易さが売り物の価値だ」カッコイイ、俺も誰かに言ってみてえ。選択肢として著書がもう一つ在ったのですが、表紙が嫌いだし分り辛そうだったので却下。買った本、分かり易いけどやっぱり難しい。「分かり易い」と「簡単」って違いますよね? え? 一緒? あらやだ。

↓ これですね。ところでファンダメンタルって何だ?

楽天 株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書
Amazon 株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

それで、肝心のバリュー株投資の話がまだでしたね。また簡単に言うと、割安の株を買って、上がるまで待てや! って感じです。いや、本当に。株を保持する期間が長いです。2週間から数年間くらいだそうです。でも、アチキはそんなに待てるだろうか? 我慢の勝負になりそうです。

それでですね、例の教科書を一通り勉強してですね、先日、有望な株を仕込んだんですわ! チャートでも株価が上がる気配、ワクワク。それで今日、株価を確認したんですよ。

そのときの反応が、一番上の画像の「茜さや」さんみたいな感じ。

株価、下がってんのよ。こんな感じ。

どうする?

ここまで、ありがとうございました。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

⇒ 次の記事 株式投資 ファンダメンタルとは

⇐ 前の記事 株式の初日

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください