運動会のタープテントの選び方-②

どうも、黒です。

前回の 運動会のタープテントの選び方-① の続きで、自立式タープテントの選び方について、お話したいと思います。

⓵ 価格

誰がなんと言おうと安い方がいいに決まってる!

ネットで買えば大体、最安値ですね。解決。

ただし、以下の条件をきっちりと満たす必要があります。

⓶ サイズ

用途や人数に見合う大きさでなくては意味がありません。まずは、いわゆる「場所とり」の時に問題となる、一世帯で許される面積を確認して、必ず納まるサイズにしましょう。

ちなみに、私の母校では制限なしです。人数でサイズを決めます。大人3人+子供4人、ここにテーブルと椅子が一式。ホームセンターで実物を確認。2.5m×2.5mに決定。私は実物が意外にデカいと感じました。

しかし、いざ使ってみると狭い・・・。誤算でした。子どもは椅子に座る生き物ではありません。レジャーシートで転がる生き物です。

お子さんが多いご家庭では、場所が許すのであれば、少し大きさに余裕を取ってもいいかもしれませんね。

できれば、ホームセンターなどで実物の大きさを確認しておくと良いと思います。正方形で2.0m、2.5m、3.0mというのが主流のようです。

⓷ 重量

とても大事です。

重量が軽いと、

  • 持ち運びや設置が楽
  • 耐久力が不安
  • 飛ばされやすい

重量が重いと

  • 持ち運びや設置が大変
  • 耐久力あり
  • 飛ばされにくい

お好きな方をどうぞ、と申し上げたいところですが、さらに詳しくお話します。

そもそも、自立型のタープは風に弱いです。そのため、取扱説明書などでは、

  1.  ペグ(L字のアンカーみたいなやつ)で脚を地面に固定
  2. タープの屋根の4隅からロープを伸ばし、地面にペグで固定

2つの方法両方で固定するように書かれています。

ペグですか? こちらです。↓

付属で付いてくるペグは、大体が写真の1番左のやつです。

もし、場所が広ければ2つの方法で固定できますが、狭ければ、場所をとる2の方法はダメです。ロープがビョーンって。

「あ、すみませーん、ウチのロープがぁ、いつもお世話になりますぅ。」
なんて言うのもありですが、このロープ、子供達が足に引っ掛けるんですよ。酷いときにはタープごとひっくり返ります。

危険です。

アルミ製などの軽量級タープ

スペースに余裕があり、1と2の両方で固定できる場合は、軽量のタープがお勧めです。↓ こんな感じ。重量7.0Kg。

持ち運びが楽、設置も簡単。2人でも設置できます。ただし、アルミの場合は柔らかいので乱暴な扱いは厳禁です。優しくしてね。

スチール製の重量級タープ

1の方法でしか固定できない場合は、重量級のタープがお勧めです。重いけど。私のタープも重量級です。お父様、お子さんの運動会のため、頑張ってください。スチール製のイカツイやつだと、15Kg前後あります

いや、マジで重いっす。ベルトが肩に食い込みます。他の荷物も一緒に持つと地獄。設置も最低3人、できれば4人欲しいですな。2人での設置も、なんとかできるんですが、面倒です。スチール製であれば、強度と耐久性は抜群ですがサビには気を付けてください。

↓ スチール製の重量級タープテント、重量15.5Kg。ははは・・・。

ペグについて

さて、話に出てきましたので、ペグについて少々お話します。ほとんどのタープに付属しているペグなんですが、これ、オモチャ級です。先ほど、写真でお見せしたものですね。
「地面に突き刺すときにハンマーを使うと作業が楽です」
って、取り扱い説明書に書いてあるんで、ハンマーで叩いたら、ペグが地面の硬さに負けて、
「ヘニャッ」
って、曲がっちゃったんです。んん?
続いて、ペグを引き抜くとき、片手で
「スポッ」
って、抜けたんです。んん~~?

風の力って結構すごいです。建物が飛ばされることがあるくらいですからね。それが、こんなオモチャみたいなペグで持つわけねーだろ。ならば、

うい来たー! キーボードから杭の大きさや太さが分かると思います。このデカくて、ふっといのを突き刺せば、そうそう抜けませんよ。ホームセンターなどの金物コーナーに1本100~200円ほどで売ってます。風で飛ばされるのが心配な方は、ぜひお試しください。

あ、注意点があります。本気で打ち込むと地面によっては人力で抜けなくなります。そのようなときは、目玉の部分に他の杭を差し込んで、地面を支点としたテコの力で抜いてください。大事な腰、ヤラレますよ

それから、付属のロープですがね、完全にナメてますわ。靴紐より細いような紐なんですわ。 こ、こ、これでいいの? 子供が寄りかかっただけで、プチンッて逝きそうですけど。そこで、丈夫&安いのトラロープの登場ですっ! あれ? ご存じありませんか? ↓ こんなの

に似た柄のロープ。

⓸ オプション

あるに越したことはない。

私は以前から、タープは買うならオーナー(庇)付きのものにしようと思っていました。こんなんです。↓

Amazon Field Life ウイングワンタッチテント2250 ALS-K250WN

これ、良いです。夏から秋の太陽が高い季節は、南側に庇を向けておけば効率よく日陰を広げることができます。しかも、これは庇に脚が要らないタイプで、通行の邪魔になりません。お勧めです。

次に、太陽が低い朝と夕方は、横から直射日光で焼かれます。着脱ができるサイドシートが1枚は欲しいですね。

こんなんです。↓

着脱できるものが1枚あれば、朝と夕方で張る位置を変えればいいだけです。2枚用意して両側に使うのも有りですね。タープに付属している場合もあります。

それから、メッシュ式のサイドシートもあります。こちらは、風が抜ける上に、直射日光をある程度遮ってくれます。季節とお好みで。

タープをお求めの方の参考になれば幸いです。

ここまで、ありがとうございました。

⇐ 前の記事 運動会のタープテントの選び方-①

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください