双極性障害の症状と暮らす毎日ー1週間周期の波

どうも、黒です。

今回は、私が双極性障害の症状と、毎日をどのように過ごしているか、前回よりも、さらに症状を詳しく掘り下げてお話したいと思います。

しかし、ここ1週間は午前中に株式、午後から夜までクラウドソーシングの仕事を物色。

ブログの更新ができねー。

そんな日々を過ごしております。クラウドの仕事は難しいですね。自分が得意なスキルで、できそうだなって思う仕事があっても競争率が恐ろしく高くて受注できなかったり。

あ、これは競争率が低いしできそうだなって思う仕事は、時間がかかる割には缶コーヒー1本も買えないような単価だったり。ヤバいっす。

主婦のかたが家事の合間の仕事で、月に5万円も稼ぐとか言われているのに、一日中パソコンの前に座っている私は、今月1万円も稼げてないですよ? 来月は危険ですな。

では、今日は当ブログの主題ですので、気合を入れていこうと思います。はい、気合だけで生きてます。あ、トップの画像は、「双極と一緒に生きていく」みたいな意味で載せたんですが、こんな明るいイメージじゃありませんね(笑)。

双極性障害の1週間周期の波

以前、双極性障害の波がなんなのさ? で、仕事や私生活に致命的なダメージを与えてくれる非常にムカつく大きな気分の波があることをお話しました。今回は、この気分の波を掘り下げてお話したいと思います。

では、ジャーン!

またまた登場です、体調グラフ。気分グラフと呼んでいただいても結構です。見づらくなってますね・・・。すみません、ご容赦ください。

ピンクが元からある半年周期(飽くまで目安です)の大きな波です。赤で新しく、小さな波を加えています。これは1週間周期の波です。これまた、グラフの軸と1週間がかみ合っていませんが、イマジネーションで補っていただきたい。

つまり、私は半年周期の波の中に、1週間周期の波を抱えています。私が調べた限りでは、特に名前がついていないようなので、勝手に『週内変動』と命名します。「私が勝手に」ですよ? ここ大事ですよ? 共通語にしちゃダメですよ?

では、この週内変動の波について。私は1週間の内、大体は月曜日と火曜日が不調です。水曜日くらいから調子が戻り、土日に向かって好調のピークとなります。そして、月曜日にまた落ちる。こうやってお話していると、なんとなく感じとれると思いますが、この波は社会生活の習慣に沿ったもののようなのです。


健常者のかたにも存在する1週間周期の波

健常者のかたでも、このような経験はありませんか? 週の中頃から、週末の休みに向かって仕事や勉強に励み、念願の週末には、ゆっくり寝たり趣味に没頭したりして休みを満喫。しかし、週明けの月曜日、

「ダルイわぁ~、仕事だの学校だの、マジでダルイわぁ~。起きんのもオックウだわぁ~。」

え? ない? あ、もちろん、該当しないかたもいらっしゃると思います。でも、多くのかたが感じていらっしゃるようです。Googleで「月曜日」を検索すると、上位にかなりの割合で、「仕事に行きたくない」とか「学校に行こうとすると腹痛が始まる」というようなコンテンツを含んだサイトがヒットします。

で、私はというと、この週内変動がもっと顕著です。サラリーマンの時であれば、週の中頃からバリバリ深夜残業、土日は家でDIYだの片付けだの地区の行事だの休まず動き続けます。そして明くる月曜日、仕事だというのに起きれません。動きたくもない。

え? 健常者の方と変わらない? 気の持ちよう? 病気のせいにしてる?

健常者の方が、そう思われるのも自然ですね。しかし、そうとも言い切れないのです。大学生の頃の例が分かりやすいので、お話したいと思います。

気の持ちようではコントロールできない気分の波

大学は土日休みでした。と言っても、アルバイトと課題に追われて「休み」という感じはありません。日曜日の深夜2時くらいまで、翌日の講義で提出する課題を仕上げたりしていました。

また、月曜日の1コマ空いた時間で、別の課題をやっつけようとか、隣駅で参考書を見てこようとか、月曜日(もはや当日ですよね)の予定を考えて、少し浮かれ気味。

みなさんも、ありませんか? 予定を立てて、予定通りに作業をこなしていく喜びみたいなもの。

え? ない? うー・・・。

で、予想通り、4時間ほど寝た後の月曜日の朝、

「どうでもいい、俺はもっと寝る。」

考えられます? あんなに頑張って課題をやっつけたのに。4時間前とは別人かも。これを半年ほど繰り返した私は思いつきました!

日曜日の夜は寝なきゃいいんだよ。

いや~、我ながらバカの発想は恐いですね。結果ですか?

変わりません。むしろ酷くなりました。感覚的には日曜の夜に起きていても、朝の4時ころに気分が切り替わる感じがしました。結局、朝6時に就寝です。学校? んなもん知らねえ。で、夜の6時ころに起床し、「あー、またやっちまった」とか思うわけです。

もう、気持ちの問題ではないと思うんです。そもそも、気の持ちようでどうこうできるなら、病気として扱われることはないでしょうから。

この月曜日の朝に起きれないという現象は、私の半年周期の波が不調にある場合に顕著に現れます。逆に波が好調にある場合は、月曜日の朝も難なく起きれるのです。不思議です。

これが、私が勝手に「週内変動」と呼ぶ波です。次回はこの波を、さらに詳しくお話していきます。

ここまで、ありがとうございました。


躁うつ病(双極性障害)ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

⇒ 次の記事 双極性障害の症状と暮らす毎日ー1日周期の波

⇐ 前の記事 双極性障害の波が引き起こすポテンシャルの低下

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください