双極性障害の波がなんなのさ?

どうも、黒です。

HPのカスタマイズに夢中になっておりました。全く勝手が分からんので、やたら時間がかかります。ただ、私が思いつくことは既に先輩方がネットに公開してくださっているので勉強には困りません。ありがたいです。コードの英単語を2つも覚えました。「color」=「色」、「font」=「文字」です! そんなレベルです・・・。

本題です。以前、双極性障害って何よ? 波乗りだよ で、双極性障害を患う者は「長い周期において、健常者よりも気分と体力の波が大きい」と書きました。なんて雑なんでしょう。ここでは私のエピソードを元に、こんな雑な表現になってしまう理由をお話したいと思います。

え? またまた、聞きたくないですか?

そこを、なんとか。

双極性障害による気分と体力の波

えーと、まず、この波なんですが、私の場合はこんな感じです。あ、絵を描くツールがありません。待っててくださいね。無料で調達して、すぐ描きますから!

― 3時間経過 ―

いや、すみません、ダメですね。イラストソフトは使ったことがなかったので、えらく時間がかかりました。下のグラフが私の体調の波です。

雑ですが、このようになっております。横軸に「時間」、縦軸に「気分・体調」としました。ピンク線が気分の動きです。まさに「波」です。ご覧の通り、右に進むと時間が経過します。

区切りがいいのと、私の波の周期が6カ月~12カ月なので6カ月としました。私の周期は不安定で、必ず6カ月というわけではありません。ちなみに、担当医いわく、私の周期は短めで重症化してるそうな。

そして、グラフは上に進むと気分と体力が向上します。よく言う「躁状態」ですね。申し上げるまでもなく、下に進むと逆の「抑うつ状態」ですね。

まず、周期と気分の振れ具合は双極性障害の方みなそれぞれで、このグラフが全員にあてはまるものではありません。むしろ、あてはまる方はいらっしゃらないかもしれません。あくまでも私のグラフだと捉えてください。

ただ、双極性障害の方みなに気分の波があることは間違いありません。ちなみに以前にも書きましたが医師によると、双極性障害の方ほどではないですが健常者の方にも波があるそうです。

では、グラフの気分の程度について。上に進めば進むほどいいような気がしますが、限度があります。しつこいようですが、私基準です。

波による気分と体力の向上「躁状態」

『好調』
健常者の方でも「最近、調子がいい、色々とやりたいことがある」と思ったりすることはないでしょうか? そのレベルだと思います。仕事や作業がはかどり、疲れにくくなります。普段より積極的に人と話すかもしれません。おそらく社会的な評価や信用を得ることもできるでしょう。このレベルが理想だと思います。

『絶好調』
疲れるという感覚が薄れて睡眠時間が極端に少なくなる上に、休憩もせずにアレコレ仕事や作業をします。よくしゃべるようになります。作業効率は微妙です。思いつきで行動するため、意識が散漫になるからです。ブラック企業での1日14時間の業務に耐えられます。

『かかって来いやっ!』

そのまんまです。気分が高ぶり過ぎて自信過剰になります。何でもできると思い込んでます。2週間くらいならば、ほとんど寝なくても活動できます。動き回る割に仕事や作業は、ほとんどまとまりません。

書籍やインターネットの情報では、この延長で散財や人間関係の破綻を招く方もいらっしゃるそうですが、私は経験していません。

波による気分と体力の低下「抑うつ状態」

続いて下を見ていきます。現在、双極性障害を患い抑うつ状態の方は、下記の項目は熟読せずサラッと流してください。症状が悪化しては、このブログを始めた意味がありません。

『不調』
健常者の方でも朝起きて「いやー、最近は疲れとれないわあ、仕事ダルイわあ。」と思うこと、ありませんか? それくらいのレベルです。仕事中も起きてんだか寝てんだか分かんない感じです。でも、仕事の効率は思うほど悪くないかもしれません。

『絶不調』
朝、起きれません。目が覚めてても起きれません。仕事の日でもです。会社へ連絡すらできません。体が動きません。もう、どうでもいい。

昼過ぎにやっと起きたものの、強いて活動といえばトイレへ行くくらいです。家族に話しかけられたら最低限の言葉でなんとか返します。腹が減ったら、近くにあるものを少し口にするくらい。食うのも面倒くさい。

睡眠のリズムは乱れ、夜は考え事ばかりで眠れなくなります。「どうすりゃ朝起きて出勤できっかなー」なんて考えます。

『死にたい・・・』
ここまでくると、精神的にかなりキツイです。動けないとかは、もう問題じゃなくて死に方を考えるようになります。「どうやったら楽に死ねっかなー。でも、家族連中は困んのかなー。でも、俺がいねえ方がいいよなー。生命保険、いくらだったかなー。」と自分の存在と価値を否定するようになります。理屈抜きで危ない状態です。

『☆彡』
今ブログ書いてるんで、私は経験してません。この記事の趣旨と違うので次の機会に改めて書きますが、双極を患う人間にとって一番の目標は、死なないこと、自殺しないこと。ダメッ! 絶対っ!!

他は何とかなる、多分。

長くなっちゃいましたね。気分を害されてはいませんか? 笑いを交える場面でもないかと思いましたので、申し訳ありません。今回だけは真面目に書こうと思いまして。

え? いつも真面目に書いておりますよ?

次回は、この波が私の能力にどう関係するのかをお話します。

ここまで、本当にありがとうございました。

⇒ 次の記事 双極性障害の波が引き起こすポテンシャルの低下

⇐ 前の記事 双極性障害って何よ? 波乗りだよ

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください