株式売買の手法 – あなたは順張り? 逆張り?

どうも、黒です。

株式の購入方法には“順張り”と“逆張り”の2つがあると言われています。
今回はこの2つについて、改めて考えてみます。

株式の“順張り”と“逆張り”とは?

順張りは“順に張ること”で、逆張りは“逆に張ること”です。

以上です。

噓です。

だからさ、“順張り”ってなんなのよ?

そもそも“順”て漢字は「さからわない」という意味だそうです。
つまり、順張りはトレンドに逆らわずに株式を買う方法です。

株価が上昇しているときに買うのです。
「もっと上がれーっ!」

って言いながら買うのです。

そして株価が自分の目標とする値まで上がったら、もしくは株価が上がり切って、下降し始めたときに売るのです。
この手法で売買を行う方は、きっと売るときはウハウハに違いない。

それで、“逆張り”ってのは?

文字通り、順張りの逆です。
株価が下がっているときに買うという、感覚的には恐ろしい手法です。

株価はずっと下がり続けることはなく、いつかは底をつき、また上昇するだろうという考えをもとに売買を行います。
株価が底をつくことを“底入れ”などとも言うらしいですが、私はそんなカッコイイ言葉は使ったことがありません。
今度、だれかに使ってみよう。

で、逆張りってのは、株価が下がってきたところを、
「そろそろ反発して上がるべー?」

って言いながら買うのです。

そして実際に株価が反発して上昇したところで売るのです。
売り方は順張りと同じだと思います。

順張りと逆張り、どっちがよいのかな?

好みだと思います。
あとは性格とか。

以上です。

噓です。

私の浅はかな株式売買の経験によると、順張りと逆張りにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

※ 以下は私の個人的な見解で、銘柄や市場状況によってはこの限りではありません。

順張りのメリットとデメリット

株式で大きな利益を上げる方々は、順張りで売買を行うそうです。

順張りのメリット

  1. 上昇トレンドに乗っかればよいので、買いのタイミングをつかみやすい?
  2. 上昇トレンドが強ければ短期間で大きな利食いが可能
  3. 下降トレンドが見てとれるので、売りのタイミングもつかみやすい?

順張りのデメリット

  1. 高値つかみ「ジャンピングキャッチ」が恐ろしい。
    ハシゴが外されれば、もう最悪。
  2. 下降トレンドに突入したのか、押し目なのかの判断が難しい。
    メリット3.に矛盾している気がするのだが・・・
  3. 損切が難しいと思う。
    株価の上昇よりも下降の方が圧倒的に速い場合があるので。
    ナイアガラ。
    一瞬にして買い板が消える。

※ 写真はイグアスの滝です。

逆張りのメリットとデメリット

本当かどうか知りませんが、実は日本人の多くの方が逆張りで売買しているそうです。

逆張りのメリット

  • 「これ以上は下げまい」という気持ちによる、購入時の安心感?
  • 大急落(ナイアガラ)の最中でなければ、下落が緩やかなので損切しやすい。
  • 差した価格よりも上値で切り返されても(読みを間違えて空振りしても)損失がでない。

逆張りのデメリット

  • 下降トレンドのときには大きな利益が上げにくい。
  • 買い値(反発するタイミング)をつかむのが難しい。
  • 大急落のあとに買いを入れたら、またナイアガラ。
    ナイアガラは伊達じゃない。

※ 写真はイグアスです。

こんな感じだと思います。

自分の性格と売買の方法を考察してみましょう

もちろん、私、黒の性格で考察いたします。

結論から言うと、私は“逆張り”で売買してます。
が、改めて自身のスタイルを確立するという意味で、順張り・逆張りのメリット・デメリットと私の性格を照らし合わせてみたいと思います。

黒が順張りで売買すると・・・

私は抑えがきかない性格です。
あっ!
この銘柄、急騰してるぞっ♡
はい、ジャンピングキャッチ。

私は諦めの悪い男です。
大丈夫、大丈夫。
これは押し目をつけているだけだ・・・。
あっ・・・
はい、ナイアガラ。

※ イグアスです。

私は欲の深い人間です。
まだだ、まだ上がる。
我慢してホールドだ。
あっ・・・
買い値まで下げた・・・。

黒が逆張りで売買すると・・・

私は、そうと決めれば慎重に行動できる人間です。

ここだ!
この値で差す!

・・・1円上で切り返していった・・・。

いいんだ、これでいいんだ。
俺は損をしていない。

あー、買えねーなー。
買えねーなー。

・・・あ、引けた・・・。

いいんだ、これでいいんだ。
俺は損をしていない。

私は“持っていない”男です。

ちっ、デカい売りが出ちまった。
1円下で損切を完了。

直後に大口が2円上まで買っていった・・・。

いいんだ、これでいいんだ。
俺はちゃんと損切ができたんだ。

勝率が高いのだから、慎重に買ってナイアガラだけ回避すれば、利益を上げられるはずだ。

性格による向き不向きは、多分、ある

こうして見ると、私にとって順張りは結構リスキーかなーと感じます。
当然、逆張りについてもナイアガラの危険性はありますが、確率を考えればトータルで利益が上がる!

・・・はずだ。

私にはきっと、逆張りが向いている!

・・・はずだ。

もう売買のスタイルをコロコロ変えるのはやめて、逆張りの勉強をしていこうと思います。

しかしね、記事を書いてて思ったんですが、向き不向きというか、

私は取引が下手なだけではないかと・・・。

ここまで、ありがとうございました。

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください