双極性障害とライフイベント - ババアの介護

どうも、黒です。

1週間ほど前から、私の祖母が寝たきりになりました。

溶連菌とインフルエンザの猛攻によって妻と獣どもが倒れた後に、祖母に風邪が移って体力を失ったことが原因のようです。

祖母は脚を骨折したことがあり、もともと歩行や動きが不自由でした。
とある夜、体が冷えたせいか突然立ち上がれなくなりました。
ウチでは獣を除くと男は私だけなので、私がベッドまでなんとか運んでやりました。

重い。
とにかく重い。
私よりも体重がある。

弱った祖母にとって、自力での移動はムリでした。
そして寝たきりに。
なんて可哀そうな祖母。

うそです。

ふざけんな、クソババア。
この1週間、毎日毎日、なんで俺が貴様のオムツ交換をしなきゃならんのだ?

はい、こっちー。
よいしょー!
ゴロン。

はい、あっちー。
ういしょー!
ゴロン。

ゴロゴロゴロゴロ、毎日毎日、なんで俺が貴様を転がさなきゃならんのだ?

そう、それはな、
貴様と貴様の娘が無能だからだ。

おい、娘。

むしろ俺の母親。
超、使えねー。
どうしたらいいか分かんなくて、みんな俺に丸投げー。

聞いたことねーよー、娘がいるのに孫が介護してるなんてよー。
しかも、男の孫が祖母の介護なんてありえねーだろ。

私の母と祖母は、血のつながったの親子にも関わらず、仲は超険悪。
だから、母は祖母の面倒はみないんですよ。
実にふざけた話です。
母の態度も許すわけにはいきませんがね。

え?
私ですか?
私は物心ついたころから、祖母が大嫌いです。

でも、ほら、人として最低限って、あるじゃないですか。
私は間違っても良心的な人間ではありませんが、この状況を放置して逮捕されるわけにはいけません。

だからって、私が毎日のように介護するって、どうですかね?

どうなんですか?

えっ!?
あたりまえっ!?
マジすかっ!?

おかげで仕事はたまり、
仕事のネタであるDIYもできず、
家事もいい加減に、
ウチの中の片づけも進まず。
挙句の果てにストレスで、

痔が悪化しました。

溶連菌とインフルの波が去ったと思ったら、これですよ。
ババアどもの面倒みてたら、俺が先に死んでしまうわ。
つーか、貴様ら完全に俺をヤリにきてるだろ。

このままじゃ双極性障害の症状も悪化しそうですよ。

そもそもですよ、聞いてくださいな。

年がデカい方のババアが骨折した理由を。

もう何年前だか忘れましたが、キャツはその日、近くの山へ近所のジジババどもとミカン狩りにでかけたのです。

知らない人の山に。
山の所有者に無断で。

もう、この時点でありえないっしょ。

そして、キャツは無断で知らない人の山に入り、元気よくミカン狩りをしていたそうだ。
あまりに元気だったので、木に登り始めたそうだ。
あまりに元気だったので、細い枝にまで登ったそうだ。

枝が折れて、キャツは地面に落ちたそうだ。
そのときに左足の大腿骨を折ったそうだ。

 

まったく、ありえねーだろ。
いや、ねーよ、全然ねー。
マジでありえねー。

これ以上に身内であることが恥ずかしいと思ったことはございません。
あのときの衝撃は今でも覚えてます。

で、後遺症で脚が不自由になりましたと。

いや、誰も同情なんかしないでしょ。
むしろ軽蔑するでしょ。

そんなババアの介護なんて、
できませーーーーーんっ!!

ここまで、ありがとうございました。

2 thoughts on “双極性障害とライフイベント - ババアの介護

  1. ごんたママ

    黒さん、おはようございます!
    おばあさまの介護ですか・・・
    素晴らしいですね~というか、すんなりとできられることがびっくりです。
    早く、介護から解放されたいですね。

    返信
    1. 投稿作成者

      ごんたママ様

      どうも、黒です。
      コメントありがとうございます。

      解放されたいと切に願ってます(笑)。
      祖母はいくらか回復して、母も自覚を持ちはじめたようで。
      少し楽になってきました。

      素晴らしいなんて、とんでもない。
      ただ逮捕されたくない一心で(笑)。

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください