オーブンレンジの購入 – 東芝【ER-PD7】- VS -パナソニック【NE-MS263】

どうも、黒です。

前回の 「計画編」 でまとめた条件から、オーブンレンジを選定して購入してみたいと思います。
最終的に、次の2製品を比較することになりました。

  • 東芝(TOSHIBA)スチームオーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-PD7
  • パナソニック(Panasonic)オーブンレンジ 26L エレック NE-MS263

結論から申し上げると、東芝【ER-PD7】を購入しました。
レビューも書いてますので、よろしければ。↓

東芝 スチームオーブンレンジ【ER-PD7】のレビュー

私が求めるオーブンレンジの条件は

⓵ 庫内容量・・・・26L前後
⓶ 予算・・・・・・25,000円
⓷ メーカー・・・・国内1流メーカー
⓸ 保証・・・・・・最低限1年、安ければ5年に延長

いざ、オーブンレンジの選定です!

楽天市場で上の条件で絞り込んだら、東芝しかありませんでした。
パナソニックとシャープはどこへ行った?

シャープの製品は圧倒的に高いので圏外。

パナソニックはやや高め。
予算を超えた27,000円ですが、スペックで折り合いがつくのであれば購入を検討します。

東芝とパナソニックの2製品でスペックを比較

改めて、比較するのは、

  • 東芝(TOSHIBA)スチームオーブンレンジ 石窯ドーム 26L ER-PD7
  • パナソニック(Panasonic)オーブンレンジ 26L エレック NE-MS263

それぞれの売りは何でしょう?
メーカーサイトで調べてみます。

東芝 オーブンレンジ 26L ER-PD7

型落ち品は割安だ

カタログにラインナップされていないので「型落ち品」か「リテール品」のようです。

取扱説明書の一覧から、2016年の型式、つまり「型落ち品」ということが判明。

型落ち品の価格は相場より格段に安い。
私の大好物です。

取扱説明書を見るかぎり、2017年の現行品「ER-RD7」と、2016年の型落ち品「ER-PD7」の仕様は、

まったく同じです。
違いはディテールだけです。

現行品にはスチームの水受けが新たに加わったようです。
それだけで、

現行品の値段は、型落ち製品の2倍。

家電業界は一体どうなっておるのだ?

東芝の“売り”は、なんだ?

やはり、石窯ドームでしょうか。
つーか、石窯ドームって何?

東芝の公式HPからの抜粋です。

「庫内に熱風をすばやく循環させる湾曲天井の石窯ドーム構造」

天井が丸いから熱風が循環しやすいって解釈で、よろしいか?
とにかく、熱が回りやすくて効率がよいと。
これでよし。

つまり、オーブン機能が“売り”だと。
東芝さんは、ゆうてはります。

口コミも見てみましょうか。
レビューとか口コミが多いのも、型落ち品のいいところですね。

 

  • 焼きむらが少ない(多数)
    → 売りにしているだけあって、“焼き”は評判がよい。
  • 焼きが遅い気がする。特にトーストは裏返しが面倒(口コミ多数)
    → トーストはオーブントースターで焼きなさい。
    → 面倒だと感じるなら裏返すな。
  • スチームの「水受け」の清掃が困難(口コミ多数)
    → どうでもよい。
  • レンジの温めが遅い(口コミ多数)
    → 1,000Wが使えるのに遅いわけがなかろう。

結論は、“焼き(オーブン)”が優秀、レンジが微妙ということで。

※ 2017.9.23 追記
「水受け」は清掃に難あり、というか不可能。
神経質な方は注意が必要です。
ちなみに、スチームを使わなければ清掃の必要なし。

パナソニック オーブンレンジ 26L NE-MS263

こちらは型落ち寸前で価格が安くなっているようです。
新製品の「NE-MS264」は予算をはるかにオーバーするので、調査の必要なし。

「NE-MS263」の特長は?

メニュー機能が多く、レンジに注力しているような感じ。
定格時間なし800wは強力そうだ。

「NE-MS263」の口コミは?

  • トーストの裏返しが面倒(口コミ多数)
    → だから、オーブントースターで焼けよ。

なぜかこれくらいしか情報がない。
逆にとれば、

ほとんどの人が不満なく使えるオーブンレンジ

と、いうことでよし。

自分の用途に見合うものを選んでね

私は「東芝 オーブンレンジ 26L ER-PD7」を購入しました。
わが家では、焼き菓子・焼きプリン・グラタン・ピザなどのオーブンを使う料理が多く、火加減を重視しました。
レンジは解凍くらいにしか使いません。

↓ 今回は“焼き”の東芝で決まり

↓ 東芝の後継機

↓ レンジがメインの方はこちら、パナソニック

↓ パナソニックの後継機

5年保証は本体価格に比べて高いから、いらない。

ここまで、ありがとうございました。 

関連記事

→ ショッピング「節約生活」目次ページへ

お気軽にコメントをどうぞ!

内容を確認いただき、よろしければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください